液漏れを抑制する乾電池

【符号の説明】

1:電池ケース、2:正極、   3:負極、
4:セパレータ、5:ガスケット、6:負極集電体、
7:負極端子板、8:外装ラベル 

パナソニックIPマネジメント株式会社の
「アルカリ乾電池およびその製造方法」です。

保存後においても、機器に誤って逆向きに
接続された場合、電解液の漏出が抑制される
アルカリ乾電池およびその製造方法です。

機器の電源として複数個の電池を直列に
接続して使用する際、
複数個のうちの1個を誤って逆向きに接続した
(プラスマイナスを逆にして装填した)場合、
その電池が充電され、ガスが発生します。
ガス発生により電池内圧が上昇し、
電解液が漏出することがあります。

本発明の電池は、逆向きに接続された場合、
亜鉛等のデンドライト生成が促進され、
内部短絡が生じます。
すると、電池電圧が低下して充電の進行が
抑制されます。
そのため、充電の進行に伴うガスの発生や
電解液の漏出が抑制される、という原理です。

電解液が目に入ったり、肌についたりした場合は
失明や化学やけどに至る可能性があります。
明細書の最後に、「あらゆる機器に使用できるが、
~、おもちゃなどに好適である」と
さらっと書いてあります。
まさに子供のおもちゃ用には最適ですね。

2019/05/11~15
岡野の化学(213)遷移元素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です