鉛蓄電池管理装置

古河電気工業株式会社の
「鉛蓄電池管理装置および鉛蓄電池管理方法」です。

二次電池である鉛蓄電池の劣化の原因は
いろいろありますが、本発明では主に、
成層化やサルフェーション等を抑制する装置を
提供しています。

電解液が硫酸と水の層に分かれることを
「成層化」といいます。
従来の方法は、成層化を防ぐため、
鉛蓄電池に蓄積されている電力によって
冷却装置を作動させていたため、
電力を消費させていました。

ですが、こちらの装置には、
鉛蓄電池に充電されない余剰電力の発生を
検出する検出手段が備えられています。
余剰電力の発生が検出された場合、
刺激手段に電力をまわし、あれこれと鉛蓄電池を
刺激するのです。

鉛蓄電池の温度が低い場合は、電解液に
熱を印可することにより対流を生じさせます。
温度が高い場合は、気泡を生じさせたり、
磁場を印可することで振動または回転させて
成層化を抑制します。

また、「サルフェーション」とは硫酸鉛が結晶化し、
絶縁体となってしまうことです。
刺激手段により、鉛蓄電池に対して、
パルス電圧を印可して充電することで
サルフェーションを緩和します。

2019/05/16~23
3127 受講生ブログへのコメント
橋元の物理(1)
橋元の物理(2)
橋元の物理(3)