異性体

同じ数、同じ種類の原子を持っているが、
構造が違う物質のこと。

構造異性体(トポロジカル構造が異なる)
 組成式は等しいが、原子間の結合関係が
異なる分子のこと。
 連鎖異性体・官能基異性体・位置異性体に
分類できる。
例 C4H10

ブタン               イソブタン

立体異性体(トポロジカル構造は等しい)
 構成原子は同じだが、立体的な位置関係が異なる。

・幾何異性体(シス―トランス異性多)
  二重結合により回転できないため生じる。

シス―2-ブテン          トランス―2-ブテン

・鏡像異性体(光学異性体)
  右手と左手のように互いに鏡像であり、
 重ね合わせることができない。
  不斉炭素原子が必要(4つの異なる原子や
 官能基と結合している)。

L-乳酸              D=乳酸

ChemSketchを使いました。
難しかったー。

2019/07/19(金)~2019/07/31(水)

IBMレジスト特許 58~68
橋元物理 22~35
Ⅹ21~32
岡野の化学 6
0437 化学のドレミファから 異性体について