ガスクロマトグラフィ

気体中の特定のガスの濃度を測る装置。
濃度の単位 ppm (10000ppm=1%)

キャリアガスボンベ

減圧弁
↓←シリンジ←サンプルガス入り口
カラム

検出器→データ処理装置(クロマトチャート)

ガス出口

キャリアガス
 ガスクロの流路に常に流し続けるガスのこと。
反応性の低いガス(He、Arなど)が使用される。
キャリアガスの純度は重要(カラムや装置の
劣化を防ぐため)。

サンプルガス
 サンプル(試料)を含有したガスのこと。

カラム
 サンプルはキャリアガスによって運ばれ、
カラム内に入る。カラム内には、サンプル成分と
カラム中の固定相との相互作用(吸着、分配)により
各成分にカラムを抜けるまでの時間差が生じる。
検出器までの到達時間に差により分析される。


気-固クロマト
  サンプルと固定相(吸着剤)の吸着により分離
  吸着剤…シリカゲル、活性炭、合成ゼオライト等
  希ガスや低級炭化水素の分離に使用


低級炭化水素
 炭素原子数が5以下の炭化水素。
 メタン(CH₄)、エタン(C₂H₆)、
 プロパン(C₃H₈)等
 
気-液クロマト
  サンプルと固定相(液相)の分配により分離
  液相…ジメチルポリシロキサン、
     ポリエチレングリコール等
  有機化合物全般に使用

2019/08/12~28
Y-1
橋元の物理 45~53
Varian GC/MS 4~26
0333 トライアル応募時
3148 時間制限付きトライアル
3152 時間制限付きトライアル